言い訳集

Q. 6月22日(土)から1週間のスープに当店の味が出ていませんでした。

A. 誠に申し訳ありません。私の眼力が足りないばかりに、スープに使う骨の状態が悪いことを見抜けず、そのまま使用し何でだろう。どうしてだろう。と悩んで肉屋さんに問い合わせたところ判明しました。肉屋さんのせいではありません私の不注意です。現在はいつものスープに戻っています。 情けない話です。

Q. 入口にいる猫は何だ不衛生ではないのか。

A. 当然注意は払っています。足りないところもあります。しかも私たちの猫ではありません。本人(猫)は人が好きみたいで、お客さんの接待をしながら甘えているいるように見えます。今はなるべくそっとしていてやりたい気持です。私共が気付かない時に皆さんにもご迷惑をおかけしてる場合があります。その時は遠慮なく私たちにおしかりください。

Q. しばらく3時までの営業とあるがいつまで待たせるのだ。

A. すみません。私達の力量不足により皆様にご迷惑をおかけしていると思います。私の背中を見せて若い子たちを育てていますが、今の子はひげと黒いTシャツなどのラーメン屋の格好をして満足らしいのです。良い物をもっていてもお茶出しで終わってしまいます。未だに気配がみえません。いつとは言えませんがもう少し見守ってください。ラーメン屋をやる気概のある方なら老若男女かまいません。こちらも重ねてお願いします。

Q. 平成22年10月3日に「今朝大事なスープとりに失敗しました。本日は営業できません。」とありますがどう

A. 当店ではスープをとるために一晩中火をつけて骨を炊いています。その火加減の調整をし忘れてしまい気がつけばスープが焦げてしまいました。言い訳のしようがございません。私の心の緩み不注意です。気を引き締めます。

Q. スープの濃さがたまに違うと思うけど?

A. 鋭いですね。スープのベースは鹿児島県産黒豚の頭の骨ですけど、 生まれも育ちもエサも同じ豚君達でも成長は千差万別です。 なるべく一定にしようと肉屋さんとの試行錯誤は当然ですが、 寸胴の中の豚君のご機嫌をいつもとっています。これが疲れます。いい訳です。はっきり言って私はまだ下手です。

Q. 麺の太さやコシがたまに違うし、ブツブツな時もあるけど何でですか?

A. 九州産の小麦粉を使用していますが、麺を作るときにはその時の気温、湿度そして水の量、寝かせる時間、もみ具合など毎回変えなくてはいけません。 ラーメンにするときはその日のスープとの兼ね合いを考えながら麺の乾燥具合によって 茹で上げています。しかし食感は一定ではないですねぇ・・・・・ バランスが崩れているとコシが無かったりブツブツにちぎれてしまいます。 まだまだ精進しなくてはいけません。